年明け早々に体調を崩して1週間ほど機能してませんでした・・・。
でもお陰様でだいぶ元気になりました。

新しい一年に向けて、細胞が入れ替わった感じです。
よしよし(^^)

掲載が遅くなってしまいましたが、
12月中旬に納品させていただいたピンクダイヤモンドのリングのご紹介です。

中央に柔らかいピンクダイヤモンドが3石と、サイドに小さなダイヤモンドを添えたプラチナのメモリアルリングです。

リングは中央のピンクダイヤモンドに向かって少し細くなっている、温かみのあるデザインで製作させていただきました。

ご依頼当初はピンクダイヤモンドではなくブラウンダイヤモンドでの製作をお考えでいらしたのですが、過去に製作したピンク色のナチュラルダイヤモンドのエンゲージリングにお客様が魅了されまして(^^)ご希望に合わせて今回初めてピンクダイヤモンドを取り寄せてみました。

ほんのりと柔らかなピンク色ではありますが、
やはりホワイトやブラウンのダイヤとは違う可愛さがありますね。

今回ご依頼いただく指輪が彼氏様から彼女様へ贈られるとても大切な指輪ということで、
一目惚れされたピンクダイヤモンドで製作させていただくことになりました。

ピンクダイヤモンドは希少性が高いこともあり値段がしますが、
ずっと身に着けられるものならば個人的には初めのインスピレーションを是非大切にしていただきたいなぁっと思います。

リングの横にはお互いの象徴である大小のダイヤモンドを伏せ留めさせていただきました。

こちらは内側の刻印の様子ですね。

ケースに入れて無事納品させていただきました。

お渡ししたときのお写真も撮影させていただきました。

完成をご連絡させていただいてから彼氏さんとの予定がなかなか合わず、お渡しまで時間がかかってしまいましたが、お渡しの際に言葉を失うほどに喜んでいただき、とっても嬉しかったです(^^)

お打ち合わせのために何度か京都から車でお越しいただきましたが、
本当に楽しくて元気いっぱいのお二人で(笑)
私は毎回笑すぎてほっぺが筋肉痛になってました。

お二人揃って「仁美さんのファンです!」っとなぜか言ってくれますしね。
なんてありがたいんでしょう。
おかげ様でちょっとしたスター気分を味わえました、どうもありがとうございます(^^)

最後に石留めのときの写真も少しだけ。

リングにピンクダイヤモンドの直径の穴を開けて、石を合わせた様子です。
ここから地金を削って爪を製作し、ダイヤを留めたあとはヤスリでリングの形を整えました。

地道で緊張感のある作業ではありますが、
一つ一つの工程を重ねて無事に完成にたどり着けた瞬間はいつも嬉しいものです。

このたびは京都より大切な指輪をご依頼いただいまして、誠にありがとうございました。

是非また遊びにいらしてくださいね。

末長くお幸せに ♪