先日、「ルビー×ダイヤモンドのリング」のリフォームをご依頼いただきましたお客様のリングを無事の納品させていただきました。

こちらがお客様からお預かりしたプラチナのリングです。

ルビー×ダイヤモンドリングのリフォーム 石外し

中央にピンク色のルビーとダイヤモンドが4石ついた、昔ながらのデザインですね。

ルビー×ダイヤモンドリングのリフォーム 石外し

石をすべて外します。

ルビー×ダイヤモンドリングのリフォーム 原型制作

そしてベースとなるリング原型を、ワックスを削って制作していきます。

原型制作の工程の写真をもう少し写真を撮る予定でしたが、
うっかり写真も撮影するのを忘れてしまいました・・・。

ルビー×ダイヤモンドリングのリフォーム 石留めの様子

ということで、無事原型ができて、お客様に確認していただき、
無事鋳造から戻ってきて、リングを磨いて「石合わせ」の段階まできました(^^)

石留めは「留める」ことよりも、
石を枠に合わせる「石合わせ」に一番時間かかるんですよね。

石を入れて、ルーペで眺めて、深さが足りなければまた石を外して、
石座を削って、また石を入れて、ルーペで眺めて、削って・・・

っという流れを、希望の深さになるまで根気よく続けます。

無事ルビーを留め終わったら一度磨き、
両サイドにダイヤモンドを留めたら・・・完成です!

ルビー×ダイヤモンドリングのリフォーム

お客様がリクエストされた、ぽってりとボリュームあるデザインのリングになりました。

ルビー×ダイヤモンドリングのリフォーム

真ん中のルビーはひっかかりのない伏せ留めで、
両サイドにダイヤモンドを4石バランスよくお留めいたしました。

ルビー×ダイヤモンドリングのリフォーム

裏抜きのない、重量もあるゴールドのリングです。

ルビー×ダイヤモンドリングのリフォーム

存在感あるボリュームの、品のあるリングに仕上がりました(^^)

普段華奢なリングをメインで制作しているということもあり、
これぐらいのボリュームのリングを制作してみるとやっぱり存在感が全然違いますね!

完成したリングをお客様にお渡ししたら、
「格好よくて、そして可愛らしくて、素敵ですね!」っととても喜んでいただきました。

お客様自身もすごく格好よくて、とっても可愛らしい方なので、
我ながら「お客様にぴったりなリングができたなぁ」っと思いました(笑)

是非是非、日々楽しんでご着用くださいね。

この度はご依頼ありがとうございました!