気付けば岐阜に移り住んで、9ヶ月が経ちました。
「もうそんなに経ったのか!」っと1人で地味に驚きました。

さて、親戚からダイヤモンドペンダントトップをチェーンから外して使えるようにしたいということで、プチリフォームしました。

少し分かりづらいのですが下の写真が作業前ですね。
ペンダントトップがぴったりとチェーンに寄り添っていて可愛らしい感じです。

ペンダントリフォーム前

ペンダントリフォーム前

中央のダイヤは約0.3ctで、昔よくあった立爪のデザインです。
爪が大変大きくて、お花みたいですね。

様々な修理方法があると思うのですが、今回は石を外してから石座に合わせてバチカンをつくり、ロウ付けしました。

うっかり途中の経過を撮り忘れて写真が一枚もないのですが、無事出来ました。

ペンダントリフォーム後

ペンダントリフォーム前

ボリュームのあるペンダントトップなので、バチカンもそれに合わせてやや太めにしています。

実はバチカンを交換しただけではなく、ペンダントの爪がバランスが悪かったで石座を回転させていたり、それに伴い刻印も打ち直したり、爪を整えたり細かな調整も行いました。

新品以上に綺麗になったかな?(^^)
ジュエリーは磨くと新品同様に蘇るのが嬉しいですよね。