9月は本当に雨が多いですね・・・。
いつも行くお花屋さんは秋のお花で満載なので、
庭のお花もそろそろ色々植えたいなぁっと思うこの頃。

最近「エバーフレッシュ」っという観葉植物を買ったのですが、
夜になると眠るところがなんともかわいいんですよね。

大切に育てていきたいと思います(^^)

ということで、先日は名古屋市在住の男性の方よりオーダーいただきました婚約指輪を
納品させていただきました。

フルエタニティリング

ダイヤモンドが一周ぐるっと入ったプラチナの「フルエタニティ リング」です。

フルエタニティリング

リングの幅は2mmで、
1.3mmのVSクラスのダイヤモンドが34ピース入っています。

写真ではあまり伝わりませんが、キラッキラです。

フルエタニティリング

一言に「フルエタニティ リング」と言ってもデザインや留め方によって色々あるのですが、
上下にラインが入ったすっきりとしたデザインをご希望でした。

小さなダイヤモンドがたっぷり入るとほんと素敵ですよね。

フルエタニティリング

お付き合いされて3年目のタイミングでプロポーズされたそうで、
彼女様もとても喜んでいただけていただいたと聞き、とても嬉しかったです。

今回は男性の方がお一人でご来店いただき、打ち合わせさせていただくスタイルでしたので、
プロポーズは成功するとわかっていながらもなんだか緊張してしまった私でした(^^)

ダイヤモンドを一周1ピースずつ留めるのは根気のいる作業でしたが、
大切な方への贈るエンゲージリングを
有名ブランドでもなんでもない私にご依頼いただけることは
「本当に幸せなことなんだなぁ・・・」っと思いながら制作させていただきました。

今の自分が出し尽くせるエネルギーを全て出しきって制作したので、
お渡ししたときは本当に身が引き締まる思いでしたね。

このたびはご婚約、本当におめでとうございます!

そして最後にちょこっと制作記録を。

今回のフルエタニティは、CADで予め穴の位置などを決めた原型を用いて制作させていただきました。

石が均等に入ったデザインの石留めで一番難しいのは
「下穴の位置を決める」という地味な作業だったりするんですよね。

CADの段階で下穴をシンプルに決めて、
あとは手作業でやればよかったかもしれませんが、
「どこまで細部を詰められるか」挑戦してみたら鋳造で難儀しました!

「CADで作りこむところ」「手作業で作りこむところ」をしっかりと住み分けして
制作していくことが大切だなぁっと思ったのでした。

こういうことはやってみないとわからないところですよね。
納期には影響なかったのでほっとしましたが、ほんと日々勉強です(^^)

このたびはご依頼いただきまして、誠にありがとうございました。

彼女様は天然石がとてもお好きとのことですので、
またいつでも遊びにいらしてくださいね。