ゴールデンウィークもそろそろ終わりに近づいてきました。

私は現在大阪の実家に帰ってきています。
帰ってきて知ったのですが、大阪は黄砂が結構ひどいんですね。
離れているとなかなか気づかないものです。

さて、母へ贈る還暦の指輪も少しずつ出来上がってきました。

イメージ図では見えずらいのですが、リングの部分にはアンティークをイメージした模様を入れてみました。
そして石を入れた状態は現物の色味と異なるのであくまでイメージになりますが、雰囲気を見ることができます。

CADのイメージってどういうものなのかなぁ?っていう方にも、
少しはイメージをわかっていただけたのではないかと思います。
今回は画像イメージですが、実際にはぐるぐると画像を動かして色んな角度からジュエリーを御覧いただけます。

メインの石座の裏にはウサギの模様をこっそりと忍ばせました。
卯年生まれ、ウサギ好きの母のためにちょっとした遊び心です。

どこかに母の好きなウサギを忍ばせたいなぁって思っていたのですが、
いくらなんでも目立つところに入れるのはちょっと・・・と考えていたのですよね。
でもこれならば指輪を内側から見たときにだけうさぎのモチーフがちらりと顔を出すので
さりげなく「母らしさ」を指輪に演出することができました。

こういう細かい細工ができるのは『CADならでは』と思います。
さて、次回はいよいよ原型となるワックスの状態の登場です。

そして、平行して、他のジュエリーも少しずつご紹介していきたいと思います。