随分と久しぶりのブログになってしまいましたね、どうもすみません。

それにしても毎日なんて暑いんでしょう。
このままいくと8月はどうなるのでしょうね・・・。
恐ろしいですねぇ・・・。

この1ヶ月間、実は色々な方とお会いする機会がありました。
個人で素敵なオーダージュエリーショップを営んでいる職人さん、
ハイジュエリーの石留めをされている職人さん、
企業で原型を担当していたという方、
オーストラリアでジュエリーデザインをされていた方、
ジュエリー販売30歴というベテランの方
などなど・・・。

色々な角度でジュエリーに携わっている人たちからお話を聞くのは、とっても新鮮ですね。
お会いした職人さんは本当に素晴らしい方々ばかりで、
作られたジュエリーは繊細で美しく、
お人柄や感性がジュエリーに反映されるんだなぁっと改めて感じました。

そして昨日は以前でブログご紹介した錺簪の職人の三浦さんがソラマチで実演販売されているということで、足を運んできました。

ソラマチにて

ソラマチにて

帯留め

10年ぶりぐらいにお会いしたのですが、憶えていていただいて。。。
感激でした(笑)

今でこそ職人さんをフィーチャーしたテレビ番組もあったり、
インターネットで検索すれば情報も収集することができる世の中にはなりましたが、
当時の私にとって職人さんは雲の上のような人で、
すごく憧れの存在だったんですよね。

それから10年たって、自分もジュエリーに携わるようになり、
そもそも自分が彫金に興味を抱いた原点はなんだったんだろう?っと思ったとき、
三浦さんの作品を拝見してからだなぁ〜思っていたんです。

お話しつつ作品を拝見していたら帯留めを買いたくなり、菊柄の帯留めを購入しました。
それぞれの模様に意味があるんですよ!(詳しくはこちら
意味を知って身につけるのも、粋ですよね〜。

色々とお話させていただいて、とても光栄でした。
三浦さんは定期的にソラマチで実演されていらっしゃるので、ご興味ある方は是非♪
今回は7月16日(火)までいらっしゃるそうです(^^)