先日、渋谷のBunkamuraを通るたびに気になっていた展覧会、
「クライドルフの世界」を見にいってきました。

今回はじめて知った絵本作家さんでしたが、
色彩や雰囲気、物語の世界観やキャラクターがとっても素敵でした。

絵本作家ということもあり、イラストが多いのかな?っと思ったら
アルプスの山々の風景や野花、昆虫などの描いた美しい絵画やデッサンも多数もあり、
見応えたっぷりでした。 

私が何よりも感動したのが鋭い描写力による「線の美しさ」。
絵本の原画も絵画も、よくみてみると1本1本の線はとっても繊細で細かく、
作者の集中力とこだわりを感じ取ることができます。

実は今、和彫りを日々練習しているところなので、
クライドルフの線の捉え方が彫りとリンクするところがあり、
とても勉強になりました。

一つ一つ、細部にまで目を向け、神経を集中して描く。
それが作品の全体の美しさに繋がっていくんですね。

 「クライドルフの世界」

『花を棲みかに』より

『花のメルヘン』より


Tag :