先日、指輪をお届けしたお客様とお会いする機会がありました。

慌ただしい滞在の中でランチをご一緒にさせていただいたのですが、
その方は透明感溢れる人とってもきれいな方で
指輪のお礼のお言葉のみならずお土産もいただいてしまいました。
そのお気遣いにおもわずじーんっときてしまいました。

その方は白血病などの血液の病気の患者さんが入院される血液・腫瘍内科という病棟で
長年看護師としてお勤めされていらっしゃるということで、
お食事をしながら色々お話を聞かせていただきました。

私は正直白血病についてあまり知識がなかったのですが、
今回お話をお伺いして初めて知ったことがたくさんありました。

その中でも一番驚いたことが
「白血病が誰にでも起こりうる病気である」ということでした。

白血病の発症の起因は遺伝子レベルで眠っているので、
発症するかしないかについては、病気が発症するまでは分からないのだそうです。

またたとえその情報を遺伝子が持っていたとしても、
発症する人もいれば、発症しない人もいるという。

そして白血病の中でも「急性白血病」と医師に診断されてしまった場合は、
即入院しなければならず、早ければその日のうちに抗がん剤治療がはじまるそうです。

心の準備もないままに治療がはじまるということで、
患者さんにとってはとても辛い状況です、っとおっしゃっていたことがとても印象的でした。

白血病というとメディアの影響か不治の病っというイメージが強いのですが、
病気と立ち向かいがんばって戦い、退院される患者様も沢山いらっしゃるそうです。

お話をお伺いして、生死を司る医療で働く現場の方の姿勢には
本当に頭の下がる想いがいっぱいになりました。

そして同時に、「自分には何ができるのか」ということを、
改めて考えさせられました。

今の私ができることは微々たることかもしれないけれども、
少しでも色んな形で皆様の幸せのお役に立てたらっと思うのでした。

落ち葉の庭 新宿御苑にて

色づく木 新宿御苑にて

写真は暖かな陽気に訪れた新宿御苑の木々たち。


Tag :